付属品の有無で査定価格が左右する!

買取価格が高くなる付属品


ブランド品を買い取ってもらう際には、付属品があった方が買取価格が高くなることが多いです。場合によっては、数万円以上の差になることもあるので、買取をしてもらう前に、できるだけ用意しておきたいところです。また、そのブランド品にとって重要な付属品というものは大体決まっていて、保存用の箱や袋があると査定価格が高くなる可能性があります。購入時についてくる布も付属品として価値があります。さらに、保証書やギャランティーカードもそのブランド品の価値を証明するものなので、査定価格が左右するでしょう。こういった付属品がある場合と、ない場合では、かなり査定価格が変わってくるので、セットにして査定してもらうとよいです。

ブランド品によって付属品の価値が変わってくる


付属品はブランド品の買取価格を左右する要素ですが、箱や袋がなければ、必ず価格が落ちるというわけではありません。例えば、ブランド時計の場合は、箱の有無が非常に重要になってきます。査定額にダイレクトに影響する部分なので、ブランド時計を売る際には必ず揃えておきたいところです。また、保証書やギャランティカードについても、優秀な鑑定士がいるサービスなら、なくても査定価格が落ちないことも多いです。しかし、一部の人気ブランドで、コピー商品が出回っている商品に関しては、保証書やギャランティカードが非常に重要になってきます。これらの商品に関しては、保証書がない場合、買取自体が不可能になってしまうこともあります。